ハロウィンって何?

ハロウィーンについて学ぼう!nenek sihir

もともとはケルト人の伝説に由来しています。彼らの1年の終わりは10月31日で、この夜、死者の霊が生きている家族を訪ねてくると信じているのです。しかし、同時に出てくる有害な精霊や魔女から身を守る必要があったため、仮面を被り、魔除けの焚火を起こしました。そこから発展したのがハロウィーンです。
現在では10月31日の夜に、くりぬいたかぼちゃの中にロウソクを立てて「ジャック・オー・ランタン」(Jack-O-Lantern)というものが飾られます。また、子供達は魔女やお化けに仮装し「トリック オア トリート!(ご馳走をくれないといたずらするぞ!)」と言って、近所の家々をまわり歩きます。家庭においては、かぼちゃのお菓子を作ったり、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィーンパーティーを開きます。
ちなみにお菓子をもらえなかった場合は、報復のいたずらをしても良いということになっています。
 
・ジャック・オー・ランタンについて
日本語だと「お化けかぼちゃ」「かぼちゃちょうちん」と言います。オレンジ色のかぼちゃをくりぬき、顔に見えるように皮に刻み目を入れ、内側にろうそくを置いて灯すものです(ランタンみたいでしょ?)。これは最もハロウィーンらしいシンボルと言えるでしょう。
ハロウィーンを楽しむ家庭では、こんな具合にかぼちゃに怖い顔や滑稽な顔などを彫り、家の戸口の上り段に置くのです。そうすれば、ハロウィーンの晩にジャック・オー・ランタンが悪い霊を追い払ってくれるので、人々は安心して過ごすことができます。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s